代理店を契約する時には注意することがありますーその3選

売上と報酬の支払いについて

代理店契約時に注意し、確認をしておかなければならないことがあります。それは、販売の報酬金が、いつ、どのように支払われるのかということです。顧客と契約をし契約書が本部に到着した時、それとも商品が顧客に納入された時、または顧客から代金が回収された時点なのかです。更に、代金が回収された翌日末に銀行振り込みで支払われるということもあります。振り込み手数料は、金額が大きくなると負担も大きくなります。どちらが持つのかもチェックしておくことです。

契約には商品購入が必要かどうか

代理店は、メーカーに代わって販売を受け持ちますので、見本としての製品が必要になります。契約内容に、この製品を一台買い求めるということが含まれている場合があります。高額な製品ともなれば、そうやすやすと購入できるものではありません。魅力ある製品で代理店として自信があっても、話が煮詰まる前にこの事を最初に聞いておく必要があります。メーカー側から、この事を最初に切り出してくることは稀です。契約書に記載されていないこともあります。

クレーム処理に関して

代理店の製品販売には様々なものがあります。クレームがあっても、交換が可能なものであれば、トラブルを代理店で処理することはできますが、機械製品ともなれば容易なことではありません。ましてや、故障して修理が必要なものであれば、メーカーの対応がどのようなシステムになっているのかを確認しておかなければなりません。顧客は販売をした代理店に集中して問い合わせをしてきますので、販売時点でメーカーのトラブル処理を説明しておかなければなりません。

会社員の独立に最適な代理店の募集情報は、独立開業情報サイトで探せます。特に加盟金の安さとサポートの手厚さで選ぶのが、一番賢い方法です。