古代エジプトから続く・・・倉庫の歴史!!

古代から倉庫が使われています。

現在では会社には欠かすことができない倉庫ですが、非常に歴史が古い建造物です。倉庫は古代の時代から使用されていましたが、古代の倉庫は大切な宝物を守るためを目的として使用されていたのでしょう。元々はエジプトで使用されていましたが、古代エジプトの倉庫はドーム型の倉庫が作られており、大きい倉庫から小さい倉庫までとなっています。大きい倉庫では直径が10メートル以上のものから直径が4メートル以下のものまでとあります。

明治時代に入り、倉庫業として独立することに成功!

倉庫が一般的な企業に使われ始めたのは、明治10年以降と言われています。明治時代に入ってからは米や野菜が中心となり、民間の企業が大量の食材を扱うようになったために、大量の食材を保管するために倉庫が必要になったのでしょう。この時代の流れによって倉庫業が独立した企業へと発展をし、現在では倉庫のみを貸し出すレンタル倉庫があります。日本に一番最初に倉庫業を取り入れた企業は三菱倉庫株式会社なので、三菱倉庫株式会社の行動力がないと倉庫業として独立することは無かったでしょう。

現代には倉庫業は必要不可欠です

現在のように貨物の発展が進んだからこそ、倉庫が必要不可欠になったのでしょう。貨物の物流が進んでも倉庫がないと保管場所が無く、商品を保管する場所がなくなります。しかし、現在では物流が発展していることから倉庫業が必要無くなることは、決してありません。人間が生きていく以上は倉庫は必要不可欠な存在なので、新たに倉庫業に手を出す企業が増えています。倉庫が出来た当初は企業のみに提供をしていましたが、現在では一般の人にも倉庫をレンタルする企業も多数存在します。

国内の物流市場は全般には縮小傾向にあり、コスト削減意識が高まっています。3PLは効率化の手法として注目を集め、2010年代に入っても市場規模は増大していて、国内市場は2兆円規模にまで達しています。