ここが重要!自営業を続けていく上での心構え

自分ができることの価値を客観的に考える

まず初めに一番重要なことは「何を売ってお金にするのか」ということと、「自分が売ろうとしているものは本当にお金を出して買う価値があるものなのか」ということです。物・サービス・技術・情報などなど、自分が何を売ることができるのかを把握していないと何も始まりません。また自分で良いと思っているものが、他人も良いと感じるかどうかは分かりません。価値を客観的に見極めることが出来なければ、いざ商売を始めても失敗する可能性が高いでしょう。

最初はなるべくお金をかけないようにする

もし実店舗を構えて商売をする場合、内装・外装工事など自分でできることは極力自分でやるようにしましょう。大規模な工事はできないとしても、店前に看板を設置したり、壁の塗装、フロア張りなど、意外と業者に頼まなくても自分でできることはたくさんあります。この手の工事は材料費よりも人件費が高くつきますので、ここを自分で頑張れば出店費用をグッと抑えることができます。またパソコンのフリーソフトを使用すれば集客用のチラシも簡単に作ることができますので、ちょっと頑張ればデザイン費用を節約することもできます。

思い通りにいかないくても落ち込みすぎないように

最後に、自営業の魅力は自分の裁量で商売を進めていくことができる点にありますが、当然思い通りにいかないこともあります。思うように売り上げが上がらなかったり、全てのトラブルを自分一人で処理しないといけなかったり。守ってくれる存在がいないことが不安な気持ちを大きくさせることもあるでしょう。しかしそんな時でも真面目にコツコツやっていれば、後からきっと結果はついてきます。初心を忘れずに忍耐強く頑張った人だけが、成功に近づけると思います。

フランチャイズとは有名な店名や営業のノウハウを使用料を払って使わせてもらい、商売をする営業形態のことです。コンビニエンスストアなどの小売業界や居酒屋などの飲食業界に多く見られます。